読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017 」参加準備中?

f:id:yu39n:20170514094027j:plain

来週5/21(日)に開催予定の「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017」のゼッケン等が届きました~。さぁ、早速中身をチェック!

「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017」とは

www.zao-hillclimbeco.com

宮城県山形県にまたがる名峰、蔵王。年に1度、宮城県側から蔵王山頂まで自転車で登るレースイベント、それが「日本の蔵王ヒルクライム・エコ」。

自動車専用道路である蔵王ハイラインを、1年に一度、この日だけ自転車で通行できて、「お釜」を自転車に乗って観に行くことができるイベントです。

2017年は第6回目のイベント。

仙台に引っ越してきたからには、1度は参加してみたいと思っていて、今回参加申し込みしてみました。

参加者向け郵送物

それでは参加者向けに届いた郵送物の内容を確認してみましょう。

f:id:yu39n:20170514094038j:plain

まずは案内状。

注意事項や当日のスケジュールなどが記載されています。

それにしても、自転車のイベントって、いつも朝早いですよね・・・

f:id:yu39n:20170514094047j:plain

そして、ゼッケンが2枚。胸と背中用。

昨年までは前日受付だったようですが、今回は事前受付は無く、当日はこのゼッケンをつけて直接会場に行けば良いそうです。

ゼッケンの裏側にはタイム計測用のICカードが。

f:id:yu39n:20170514094056j:plain

こちらはICカードの取り扱いに関する説明資料。

実はタイム測定を行うようなレースイベントに参加するのは今回が初めて。

ちょっとドキドキ。

f:id:yu39n:20170514094103j:plain

お次は荷物札と車両預札。

蔵王山頂は気温も低く、下山時は防寒着が必要なので、そういった荷物をゴール地点まで運搬してもらえるので、荷物札はその際の荷物につけるものです。

一方の車両預札は、下山時に自転車を預ける場合に使用するものですが、私は自走で下山するつもりなので、使用しない予定。

f:id:yu39n:20170514094108j:plain

参加賞と豚汁の引換券。

豚汁のおもてなしがあるのは非常に楽しみ。他にもメイン会場には軽食の飲食店ブースもあるそうなので、そちらもちょっと楽しみかな。

f:id:yu39n:20170514094112j:plain

最後は駐車許可証。

私は会場まで自走する予定なので、これは使いませんね。

参加にむけて・・・

ということで、参加に必要なものは手元に届いたのですが、肝心の自分の準備が全くできておらず・・・

開催まで1週間の現時点で、桜のAACR終了後、1度も自転車に乗っていないという・・・

とりあえず、ローラー台を使って毎日トレーニングしますっ!!