読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nexus 5X 指紋センサー交換

f:id:yu39n:20161204163604j:plain

使用しているNexus 5Xの指紋センサーが故障したようで、指紋認証ができなくなってしまいました・・・。そこで、ダメ元で自分で指紋センサーを交換してみました。


Nexus5Xは、2016年現在、日本で発売されているGoogle純正スマホの最新機種。

Nexus 5X - Wikipedia

約1年前、Nexus 5を使っていてNexus 5Xへの機種変更を考えていましたが、Nexus 5X発売当時は非常に高価だったので機種変更を見送っていました。

Nexus5延命 - イロイロお試しブログ (β版)

それ以降、Nexus5を使い続け、今度は「Google Pixel」への機種変更を予定していたのですが、現時点では日本での発売予定は無し・・・。

gigazine.net

そして、結局2016年秋にヤフオクで中古のSIMフリー版 Nexus 5X 32GBを購入したのでした。

購入後、しばらくは何の問題もなく使うことができていました。

いちいちPINコードを入力しなくても指紋認証でロック解除できるのはすごく便利!

ところが、約1ヶ月ほど使っていると、ロック画面上に「指紋ハードウェアは使えません」というメッセージが出るように。

それでも再起動すると、指紋認証が使えるようになっていたので、ソフトのバグなのかな、と思っていたのですが・・・

通常は設定画面の「セキュリティ」項目内に「Nexus Imprint」という指紋認証の項目があるのですが、ある日、指紋認証が使えないのに上記のメッセージも表示されず、「Nexus Imprint」のメニュー項目自体が消えてなくなってしまい・・・

その後は何度再起動しても変わらず。結局、指紋認証が全く使えなくなってしまいました。

人間、一度便利なことを覚えると、それがないとダメなんですよね・・・

そこで、Nexus 5のバッテリーを自分で交換したこともあったので、Nexus 5Xの指紋センサーを自分で交換してみることにしました。

必要な工具はNexus 5のバッテリー交換時に揃っていましたので、必要なものは指紋センサーだけ。

今回は「MOUMANTAI」というショップで注文しました。

moumantai.biz

注文してから数日で届いた新しい指紋センサーがコチラ。

f:id:yu39n:20161204163611j:plain

さぁ、早速交換開始。

ちなみに、分解手法は以下を参考にしました。

gigazine.net

まずは背面カバーをオープン。

ツメを折ったりしないよう、大胆かつ繊細に外します。

f:id:yu39n:20161204163616j:plain

指紋センサーは写真右側、バッテリーのすぐ上。

まだこの状態では指紋センサーを外せません。

次は、本体内部を覆っているカバーを外します。こちらはY字ドライバーでネジを外す必要があります。

f:id:yu39n:20161204163621j:plain

外すとこんな感じ。

写真左側の内部カバーに指紋センサーが付いています。

これをそーっと外して、新しい指紋センサーに交換。

あとは分解した順番と逆に戻していくだけ。

その後、念のため本体を初期化して再起動。

すると、見事に指紋センサーが認識され、「Nexus Imprint」のメニューも復活。

いやぁ、なんでもトライしてみるもんですね。

Google Pixel」が日本で発売されるまで、Nexus 5Xを使い続ける予定です。