読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【購入記録】青色クリート SM-SH12

購入記録 自転車

f:id:yu39n:20160929073809j:plain

シマノ クリートセット SM-SH12、いわゆる「青色クリート」を購入しました。

そして、初のクリート交換にチャレンジしました。


交換前

f:id:yu39n:20160929073824j:plain

これまで使用していたクリート。黄色。

2015年6月に、シマノビンディングペダル PD-5800を購入した際に付属していたものを1年ちょい使い続けた結果、こんなにボロボロに・・・

まだ使えてはいたんですけどね、もうさすがに交換しようかと。

参考までに、PD-5800は以下。

で、どうせ交換するなら、これまでの黄色より遊びの少ない青色に変えてみて、その違いを確かめてみたいな、と。

青色クリート SM-SH12

購入したのは、コチラ。

近くのお店で購入してきました。早速、開封。

f:id:yu39n:20160929073828j:plain

クリートと取り付け用の金具が両足セットで。

金具の色は、これまで使っていたクリートは黒だったのですが、今回はシルバーでした。

初・クリート交換

これまで使っていたクリートは、購入時にショップの店員さんが私の足を測定して調整して付けてくださっていたので、クリートの取り付け・交換は初めての経験。

ただ心配なのは、せっかくこれまで良い感じに調整されていたクリート位置が交換によってズレてしまうこと。

そこでネットを調べてみたところ、テープ等で現在の位置をマーキングすれば良いということが判明。

早速チャレンジ。

f:id:yu39n:20160929073832j:plain

今回使ったのは、プラモデルのマスキングテープ。適度な粘着力なので、はがす場合もキレイにはがせます。

f:id:yu39n:20160929073842j:plain

交換前のクリート位置をテープでマーキングしていきます。

角度と前後位置をしっかりマーキング。

f:id:yu39n:20160929073902j:plain

マーキングが完了したら、クリートの取り外し。

レンチでクルクルッと。

クリートを取り外しても、テープによるマーキングのおかげで、新しいクリートを取り付ける位置・角度が分かります。

f:id:yu39n:20160929073912j:plain

マーキングを参考に、新しいクリートを取り付けます。

クリートが外れたりズレたりしないように、しっかりレンチで締めます。

f:id:yu39n:20160929073919j:plain

最後にテープをはがして、交換完了。

うん、バッチリ。

後日、黄色と青色のクリートの違いを確認しに走りに行ってきました。

ペダルにはめるときも、ペダルから外すときも、ほとんど違和感は感じませんでした。

若干外すのが楽になったような気もしますが、素人の気のせいですかね?

走っている間も、特に違和感は感じませんでした。

青色の方が黄色より遊びが少ないということで、ちょっと心配していましたが、全然問題なしです。

これも気のせいかもしれませんが、青色の方がしっかりパワーが伝わっているような感じもしますね。

個人ごとに合う・合わない等、感覚も違うと思うので、黄色クリートしか使ったことがなくて、青色クリートに興味がある方は、試してみるのが一番だと思います。少なくとも、私は交換して特に問題なかったので、これからも青色クリートを使おうかと思います。