読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シクロエクスプレスを使ってみた

f:id:yu39n:20160625222807j:plain

以前記載したように、東京に長期滞在出張となったので、TREK Madone 3.1を仙台から東京へ持っていって、色んなところへ走りにいきたいと思い、色々と調べた結果、「シクロエクスプレス」を使って輸送することにしました。

シクロエクスプレスとは

cycloexpress.co.jp

シクロエクスプレスは、自転車専用の宅配システム。

神戸から仙台に引っ越した際は、転勤ということもあって、会社が引っ越し料金を全額負担してくれました。

そのため、Madone 3.1とESCAPE R3の輸送も引っ越し屋さんにお任せしたのですが、今回は出張ということで、基本的に会社は荷物の輸送に関しては一切負担してくれませんでした。

従って、今回の仙台から東京への自転車の輸送は完全に自己負担。

それでも、数カ月の間、自転車に乗れないなんて考えられないので、せめてMadone 3.1だけでも持っていきたいと思ったのですが、問題はその方法。

色々と調べたところ、サイクリングタッグやカンガルー自転車輸送便などもありましたが、私はシクロエクスプレスをチョイス。

シクロエクスプレスを選んだのは料金と安心感や手間などのバランス(個人的な主観に基づく)。

単純に1往復の料金だけを考えれば、シクロエクスプレスが最も高いと思います。

しかし、最も安いサイクリングタッグは、輸送方法が通常の輪行袋での輸送ということで、ちょっと心配でした。まぁ、大丈夫なんでしょうけど・・・

次に、カンガルー自転車輸送便は、専用ハードケースでの輸送で安心感があるのですが、ハードケースを買い取るにはちょっと高く(7,200円または9,500円)、レンタルも1回2,100円、往復だと2回は使うことになるので4,200円となることを考えると、後述するシクロエクスプレスより割高に感じました。

シクロエクスプレスは、専用の段ボール(配送キット)を使うのですが、買い取りでも3,400円。カンガルー自転車輸送便より安いですね。そして、自転車の宅配を専業としているということもあって、安心して任せられそうかな、ということでチョイスしました。

配送キットの申し込み

まずは、配送キットを入手しました。

シクロエクスプレスのホームページから、「配送キットのみ」で申し込み。

ホームページには、余裕をもって申し込んでください、といった旨の記載があったので、1週間前に申し込みました。

配送キット到着

指定日時に、ちゃんと届きましたよ。

届いたときの外観は、当記事の最初の写真を参照ください。

それでは、開封。

f:id:yu39n:20160625222821j:plain

段ボールをあけたら、中から段ボールが。(当たり前)

ちなみに、この外側の段ボールも配送キットの一部(ホイールなどの緩衝材)なので、大事に扱います。

そして、組み立ての説明書がこちら。

f:id:yu39n:20160625222825j:plain

紙1枚だけですが、まぁ組み立て方は分かると思います。

所詮、段ボールを組み立てるだけなので。

尚、梱包方法については、シクロエクスプレスのホームページに説明書がPDF形式で公開されているので、そちらを参照した方が良いです。

配送キット組み立て

それでは早速、組み立てていきます。

まず、箱の形にして・・・

f:id:yu39n:20160625222830j:plain

こんな感じ。

そして、底の部分をテープでとめて・・・

f:id:yu39n:20160625222833j:plain

こんな感じ。

尚、テープは布テープを使用するように、との事。

あとは、ひっくり返して・・・

f:id:yu39n:20160625222838j:plain

ほい、完成。

サイズは、横1260mm×奥行き375mm×高さ760mm。

意外に大きく感じました。

梱包テスト

さて、組み立て終わったら、本番に備えて、実際に自転車を梱包してみましょう。

輪行バッグを初めて買ったときと同じドキドキ気分。

フロントフォーク、シフターを保護します。

f:id:yu39n:20160625222844j:plain

こんな感じで。

お次は、フロントディレイラー付近を保護。

f:id:yu39n:20160625222848j:plain

ちょっと収まりが悪い感じだけれど、まぁこんなもんかな。

そして、リアディレイラー付近。

f:id:yu39n:20160625222852j:plain

うまく保護できているでしょうか・・・

主要部分を保護したら、おもむろに箱の中へ。

f:id:yu39n:20160625222856j:plain

シートポストを外さないと入りきりませんでした。

あと、ペダルは付けたまま入れましたが、箱の側面が傷つきそうなので、外した方が無難かも。

f:id:yu39n:20160625222900j:plain

ホイールも入れるとこんな感じ。

結構、隙間があるので、ウェアとかヘルメットとか、小物類を一緒に入れれば良いと思います。

発送

そして、ホームページから自転車発送の申し込みを行いました。

佐川急便のお兄さんが指定時間に引き取りにきてくれました。

扱いが心配だったので、しばらく見ていましたが、丁寧に扱ってくれていてホッ・・・

ちなみに、実際に梱包したときは、輪行バッグに入れるときと同様に、チェーンカバーやスプロケカバー、エンド金具を使いました。

隙間には空気入れ、ウェア類、ヘルメット、洗車グッズなども入れました。(もちろん、すべてエアキャップでカバーして)

土曜に仙台で引き取ってくれた自転車は、翌日の日曜に東京で無事に受け取ることができました。

配送キットも自転車本体も無傷で良かったです。

これからもシクロエクスプレスを利用しようと思います。